初心者のプランター菜園。天然成分で防虫、殺菌対策&ナチュラル防虫殺菌剤の作り方。

さて、前回まではより手軽に虫や病気対策できるように、市販の物を
ご紹介しました。

今回は、少し時間がある方や、完璧さより自分で育てる
過程をより楽しみたい方におすすめの物や方法を説明していきたいと思います。

簡単な方法から順に

家にあるもので試してみよう!!

牛乳
原液か水で2倍に薄めたものを与える。
アブラムシなどを牛乳の膜につつまれて窒息させる。

<与え方>
ジョウロで丁寧にかけるか、霧吹きで与える。
葉の裏まで念入りに撒布する。

注意点
天気の良い日にあげると効果が高い。
また、しばらくおいたら牛乳が残らないように
水できれいに流しておくのを忘れないようにしましょう。

ジョウロや霧吹きもきれいに洗いましょう。

木酢液(もくさくえき)で手軽に

木酢液とは、木材を焼くときに発生する水蒸気などを液体にしたもので、
天然のものですが、木材のみで抽出したものかどうか、品質に注意した方が
良い場合もあるそうです。
ホームセンターから100円ショップまで取り扱いがあります。
私は、産地直売所で買った手作りっぽいものを使っています。

50~100倍に水で薄めたものを与える。
健康であれば週1~2回ジョウロで水やりの代わりにあげる。

念入りにしたいときは、霧吹きで葉の裏まで撒布する。

防虫効果と殺菌効果がある。

天然素材で防虫殺菌薬を作ろう

それほど分量にこだわらなくても、ニンニクやトウガラシを
焼酎やお酢(米酢でよい)などで漬け込んだものでよい。
原液だと、野菜まで疲れさせるので2~3倍に薄めて使用する。

例1:鷹の爪(とうがらし)一袋+お酢 1瓶

使いかけのお酢の瓶に直接とうがらしを詰め込み、1週間ほど置けば完成です。

例2:焼酎に漬け込んだニンニクやトウガラシを2~3週間漬け込んで、
仕上げに木酢液をたせば万能。

自分で調合してお気に入りの配合を探しても楽しいですね。

コンパニオンプランツを植える

コンパニオンプランツとは、育てる野菜と相性がよく、さらに虫よけになる
ハーブ類や、香りの強い野菜を一緒の鉢に植えて効果を得る方法です。
初心者には、ちょっと大変かもしれませんので簡単に紹介しておきます。

相性のよい組み合わせ
トマト⇔バジル、ネギ、ニラ

きゅうり⇔オレガノ、長ネギ、ニラ

ピーマン⇔ニラ

トマトにバジルは食べるときにも相性のよい組み合わせなので最もおすすめですね。

あとは、プランターでの栽培なので、場所をあまりとらないネギやニラは
取り入れやすいですし便利です。

 

この他にも、色々な方法がありますがあまり紹介しすぎると、迷うばかりなのでこれぐらいに
しておきます。

以上、ナチュラル防虫&殺菌剤についてでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
<スポンサーリンク>



初めてでもできるプランターで野菜作り。害虫と病気の対処。

今日は、必ずぶち当たる壁、害虫と病気についての
対処法です。

害虫対策

基本的には、見つけ次第捕殺します。
毎日注意深く見ていれば防げることもありますが、
防虫ネットを使ったり、薬剤をいて防ぐこともできます。

まずは、どんな虫がつきやすいか見ていきます。

害虫の種類

夜盗虫(ヨトウムシ)
直径2㎝ほどのフンを見つけたらほぼいる。
茶色いイモムシ。
夜になると土から出てくるので、暗くなってから
懐中電灯で照らして探すとよい。

昼間でも土の表面から2~3㎝の浅いところを掘り返せば出てくる。

ウリハムシ
きゅうりやスイカ、カボチャなどの
ウリ科につく。
コガネムシのような茶色っぽい小さな虫

ハダニ
葉の汁を吸って、葉の色を白っぽくしていまう。
水やりの時に、葉の裏まで水をかけてやることで
減らすことができる。

ニジュウヤホシテントウ
テントウムシに似ているが、オレンジっぽい色をしている。

アブラムシ
無数につく。緑色でひげのような白い小さな足が生えている。

カメムシ

コガネムシ

ナメクジ

コナガ
小さめのあおむしのような形

オンシツコナジラミ

葉の裏にびっしりつく。
白くてとても小さく触れると飛ぶ。

水で葉の裏を洗い流す。

ハダニ

以上、主な害虫と、まずする事を挙げておきました。

このように捕殺するか、水で洗い流すだけでは対処できない場合は、
殺虫、殺菌剤を使います。
虫が嫌いな方や、それほどこだわらない方は見つけしだい
最初だけは捕殺して、速攻薬剤を与えましょう。

ここでは、初心者向き用に虫にも病気にもほとんどに
使える総合的な要素のものを紹介します。
また、なるべく人にも優しい成分のものです。

天然由来成分 お得な希釈タイプ

天然由来成分 手軽にスプレータイプ

薬剤によって、用法容量が異なるので製品に書いてある通りにしてください。

効果があまりない場合はこちらも

※薬剤を使用する場合は、人間も吸い込まないように十分注意してください。
また密閉された場所では喚起されている状態でしましょう。
マスク、メガネ、手袋などをしましょう。

また、市販の物ではなくて、すべて天然成分で家庭にあるもので
できる方法をやってみたい場合は次回詳しく説明します。
今回は、ざっくりと文末に紹介しておきます。

病気対策

次に悩むのが病気です。
放っておくと、株が弱ってしまうので早めに対処します。

おもな病気の種類

べと病
梅雨時や湿気の多い場所でなります。
見つけたら、発病した葉を早めにとり除く。

うどんこ病
名の通り、うどん粉のような白いカビが生える。
葉を取り除く

黄色っぽく侵されているのがべと病、モザイク病にのかかっているかもしれません。
わかりにくいですが白っぽいカビのようなところが
うどん粉病です。

斑点細菌病

葉が焼けたように茶色く変色してくる。
早めに殺菌して、太陽の日によく当てると良い。

軟腐病
葉も茎もぶよぶよになり、腐ってくる病気。

以上病気に関しましても、水で洗い流したり、環境を変えても
改善が見られない場合は上記で紹介したような薬剤で対応しましょう。

さて、せっかくなので無農薬で育てたい方は下記の方法を
試してみてください。

●木酢液で消毒する。
(私は日ごろこちらをよく使っています。)
●天然のもので殺虫剤を手作りする。
●家にある食品を利用する。
●殺虫、消毒効果のあるものを一緒に植える。
など色々な方法があります。

もし上手くいかなくても、色々な過程を楽しめる方は
試してみるといいと思います。
詳しくは次回の記事になります。

 

 

にほんブログ村テーマ プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?へ
プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
<スポンサーリンク>



プランター菜園、共通する基本的なお手入れ。

苗を植えてから、野菜たちは大きくなってきたでしょうか?

毎日グングン成長するのに驚きと同時に喜びでいっぱいのことと思います。

植えつけてから2週間ほどたちますが、ずいぶん大きくなったことと思います。
背丈も、葉の数も倍以上になりますよね。
<スポンサーリンク>



さて、これぐらいになってきたら、少し忙しくなりますよ。

基本的なお手入れを覚えれば、繰り返して行くだけなので、
作業の流れをみていきましょう。

その前に、うまく育っていない場合野菜たちの環境を見直してみましょう。

プランター菜園に適した場所と環境

まず重要なことがこの3つです。
日当たり
風通し
水はけ

日当たり

植物だけに日当たりの良い場所に置いてあげます。
とはいえ1日じゅう日が当たる場所を確保するのが難しい場合は
半日以上日が当たる場所を選びます。

できれば、光合成が盛んになる午前中によく日が当たるように
してあげましょう。

風通し

風通しが悪いと根腐れや、病気、虫がつきやすくなるので、
風の通るところを選びます。
風が強すぎると、苗が傷むので注意!!

水はけ

こちらも、根が腐ったりしないように
水やりの量を調節します。

土の渇きが悪そうなら、根が傷つかないように
固くなった土をほぐしましょう。
これを中耕といいます。

方法は、
割りばしなど、細長い棒でさして、ほぐしてあげます。

また、真夏は朝晩と水やりが必要かと思いますが、
それ以外の時期は、うまく調節しましょう。

水やりの基本は、土が乾ききってから、またたっぷり与える!!
この繰り返しです。
常に湿っている状態にならないよう、メリハリをつけてあげましょう。
これは、ほとんどの植物共通なので覚えておくといいです。

さて、いよいよ今回の本題です。

プランター菜園、定期的なお手入れの仕方

追肥

植えつけて2週間ほどしたら、肥料を足します。
肥料によっては1か月ごとのものなどもありますので。
記載してある用法の通りにしていきます。

慣れてきたら、目分量で与えてあげればいいのですが、
最初は、記載どおりの分量をあげてみましょう。

肥料を苗に直接かからないように、少し離れた所の周りにパラパラと
かけます。

このとき、下の土を少し苗に寄せるよるに、与えた肥料と混ぜるように
するとよい。
これを、土寄せという。

これを、だいたい基本的には2週間に一回ぐらいの頻度で繰り返し行います。
(水やりをする分、肥料も流れて薄まっていくので定期的に与えます)

それから一個目の実がなりだした時にも
栄養をたくさん欲しがるので与えます。

与えすぎても成長に悪影響しますので、適量を守りつつ野菜の様子に
合わせて与えましょう。

芽かき

必要のないわき芽と取り去ることで、栄養が株に集中するので野菜が元気になります。

また、日当たりが確保できる、風通しが良くなる、
害虫がつきにくくなるなどのメリットが生まれ、
大事な作業になります。

下図を参考に。

これはピーマンですが、赤く書いた葉っぱがわき芽です。
こんな風に大きい葉と茎の付け根から出てくるので、掻き取ります。

柔らかいので手でも取れますが、キュウリなどトゲが痛い場合はハサミで
切り取っても良いです。

摘心

必要に応じて行います。
枝の先端を摘み採って、あえて枝の成長をとめる作業。

横に成長させることができるため、風で株が倒れたりを防ぐ。
また、人の背丈以上に伸びると収穫しずらい為、
摘心する。

わき芽かきをするときに、弱った葉や虫食い、病気になりかかった葉も
一緒に取り去りましょう。

病気、害虫対策
病気になりかかった葉は切り取り、ひどい場合は薬をほどこします。

害虫は、見つけ次第、直接やっつけるのが一番です。
こちらもひどい場合は薬をまきます。

せっかくの家庭菜園なので、自然に育つようにしたいものです。
日ごろの管理や見回りをしていれば、ある程度予防できるので
がんばりましょう。

苗が丈夫なら少々の病気や、虫食いがあっても育ちますが、
どうしても必要な場合は対処します。

そこで次回は、病気の種類と虫食い、対策について
詳しくみていきたいと思います。

以上が定期的なお手入れの一連の流れです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
ブログランキング・にほんブログ村へ



<スポンサーリンク>



プランター野菜。支柱の長さと立て方。

今回は支柱についてです。
上に高く伸びる野菜が倒れたり、折れたりするのを防ぐために
します。

まず一番気になるのが支柱の長さです。
それぞれの野菜の伸び方で変わってきます。
詳細は以下です。

 

トマト 180cm
きゅうり 180cm
ピーマン 150cm
なす 150cm
オクラ 150cm

今回は、一番最初に紹介した、この時期に初心者が育てるにあたって
おすすめの野菜について説明しています。

その他の野菜についてはまた機会があれば紹介していきたいと思います。

つぎに、支柱の立て方です。

支柱の立て方

支柱には仮支柱と本支柱があります。

仮支柱は植えつけたばかりの苗に添える
短い支柱です。

本支柱は、ある程度草丈が伸びてきたら
立てます。

仮支柱は、よほど苗がひょろひょろと頼りなかったり、
台風が近づいてきているということがなければなくても
大丈夫と思います。

気になる方は立ててあげましょう。

仮支柱の立て方

60~70㎝の細い支柱を株に対して
斜め45度ぐらいの角度でさして、
苗を紐で支柱に縛ります。

紐の結び方
麻ひもを苗にひっかけた後
何度か交差して、8の字になるように支柱に
くくりつけます。
このとき、きつくなり過ぎて苗に負担が
かからないようにあそびを持たせます。
(以下同様にして苗を支柱に固定していきます。)

下の写真を参考に

本支柱の立て方

草丈が20cm以上になってきたら立てます。
色々な立て方があります。

<直立式>

株から10㎝ぐらい離れたところに1本立てます。

ピーマン、オクラ、ナスなど。

<ピラミッド式>

同じく10㎝~15㎝株から離れたところに3本立てる。
このとき、正三角形になるような間隔で。
最後に、てっぺんを寄せてピラミッド状になるように
紐で固定する。
立て終わったら、苗を誘引する。

トマト、ミニトマトなどに適している。
<あんどん仕立て>

正方形状に4本の支柱を均等にたてる。
支柱一本ずつに麻ひもをⅠ~2周からませ支柱を囲うようにぐるりと麻ひもをしばる。
小学校で朝顔用に使うプランターの支柱のイメージ。

一番下の麻ひもは鉢の高さぐらいの低い位置で紐をかける。

トマト、ミニトマト、すいかなど重たい実物に適している。
<スクリーン仕立て>

1.キュウリなど長細いコンテナに植えた場合。
15㎝前後の間隔で3,4本支柱を立てる。

2.さらに横向きに先ほど立てた支柱と直角になるように
短い支柱を30~40㎝の間隔で渡し、ひもで固定する。

3.苗を誘引する。

4.ネットをはる。
先ほどの支柱にねっとを結びつける。
10㎝角ぐらいのネットが使いやすい。

5.時々、茎やつるを上手く誘引する。

きゅうりなどつる性の野菜に適している。

次回は、それぞれの野菜のお手入れの仕方です。


~ここらで、ちょっとひといき~
お家で野菜を育ててみたいという方には言うまでもないことですが、
みなさん自分で野菜を育てだすと本当に野菜ちゃんが可愛くなってくる事と思います。

毎日、観察したり、手入れしたり、虫を取り除いたりしていれば当たり前の事なんですけどね、
やはり、目をかけて育てた野菜は美味しくなるらしいですよ~。
しゃべらないけど、ちゃ~んと感じとっているんでしょうかね。

実際あまり好きじゃない野菜を育てた場合と大好きな野菜とでは同じように見回り
していても育ち方に差が出ることが確認されているようです。

私たち人間でも、相手に嫌われてるなって感じるのとおなじように、野菜も
敏感にトゲトゲした感情や、温かい気持ちを感じとっているだなんて、
けなげです。

なので、家族みんなでお世話する場合、やはり家族みんなが好きな野菜を育てると
いいのかもしれませんね。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

<スポンサーリンク>



プランター栽培。野菜の基本的な植え方。

さて、プランター菜園の準備はできたでしょうか。
いよいよ苗を植える工程に移りますが、
なるべく午前中に風の強すぎない日に決行しましょう。
ad#kijiue

苗を植える順序

[図1]

上の図1の順でプランターへ入れます。

1.鉢底ネットは、鉢に敷き詰められる大きさで切って敷きます。
 鉢の形にピッタリ丸くカットする必要はありません。
 なるべく鉢の穴をおおう感覚で四角くカットしても大丈夫です。

2.次に鉢底が隠れるぐらいに、均等に鉢底石を入れます。
 これも敷き詰めるようにして隙間がなくなる程度で大丈夫です。

3.プランターのつらから2~3cm下のところまで培養土を入れ、平らに整える。
 (土が淵から流れ出ないように、鉢いっぱいまでは入れない)

苗を植えます。
[図2]

4.図2のように苗より少し大き目の穴をあけます。

5.買ってきた苗のポットの底を下から持ち、そっとひっくり返して
 苗をポリポットから出す。
 (なるべく、形を崩さないようにやさしく扱う)

 どうしても、ポットから取り出せないときは、底に近い部分を
 少し指でもむと出る。

6.苗を置く。
 このとき。プランターに入れた培養土と高さがあうように
 調整する。

 7.支柱があれば立てます。
  支柱の長さ、立て方は次回の記事に書きます。

ジョウロで水をたっぷりとかける。
(シャワー状にして)

培養土全体に水分が行きわたるぐらいにたっぷりと与える。

以降の水やりは下記のことに注意ましょう。

野菜の基本的な水の与え方、タイミング

「土が乾いたらたっぷり水をあげる」
ことに気をつけて水を与えていきましょう。

●まず土が白っぽくなっていないか見ます。
 いまひとつピンとこなければ、直接触って乾いていれば
 与え時です。

●梅雨の季節は、特にトマトは水の与えすぎには注意して、軒下に移動させましょう。
 軒下がなければ、こういったものを活用しましょう。

トマト以外の野菜なら、屋根がなくても比較的大丈夫ですが、
病気になっていないか、弱っていないかよく注意してあげましょう。

とりあえず、ここまですれば第一段階は終了です。

翌日からはちょっとしたことに気をつけながら、野菜の様子をなるべく
毎日観察し、お手入れしてきましょう。

次回は、お手入れや気を付けることについて、説明していきます。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村テーマ プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?へ
プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?

にほんブログ村テーマ 家庭菜園でおいしく野菜を頂こう!へ
家庭菜園でおいしく野菜を頂こう!

<スポンサーリンク>



プランター菜園を始めようと思ったら。初心者が買いそろえる道具と苗。

今年こそはお家で野菜を作ってみたいと思っている方、プランター栽培から
手軽に初めてみたらどうでしょう。
マンションなどのベランダでも、ちょっと庭先でやってみたい人にも
プランターなら手軽にできます。
でも、初心者だと何をどうしたら良いかわからず、時期を逃したり、
なかなかとっかかれない方も多いことでしょう。
そんな初心者でも安心してスムーズに始められるように説明していきます。
それでは、レッツトライプランター菜園!!



さて、いよいよ家庭菜園をはじめよう。
となったらまず必要な道具を揃えましょう。

道具はどこで買える?

ホームセンターなら確実

そして思い立ったらすぐ始めたい場合はホームセンターへ行こう。

100均でもだいたい揃う

その他急ぎでない場合は、100均なども、あらかじめ覗いてみよう。

なぜなら、中には100円とは思えないクオリティーの物や、安価なのに役割を十分果たしてくれる道具
も見つけられます。
なれない初心者や、ちょっと野菜作りをかじってみたい人には道具にかかるコストが抑えられてうってつけです。

100円ショップでは買い揃えれなかった物をホームセンターで、急ぎでなければネット通販を利用してもよいですね。

ネット通販を利用しよう

ネット通販の良いところは、プランターなどかさばるもの、培養土など重いものを玄関先まで、届けてくれるので
私のように、そこそこ田舎に住み移動手段は車であればいいですが、都会にお住まいの方や、ベランダ菜園したい方は上手に利用しましょう。

最初に絶対に必要な物

とにかく、これだけあればすぐに始められる道具を紹介
1.ジョウロ

2.スコップ

Burgon&Ball/バーゴン&ボールトランスプランター(ステンレス移植スコップ) -Stainless Transplanter- [GTH/STPRHS]

 

3.プランター


プランターは作る野菜に適した大きさがあります。
下記の方におすすめの野菜の項目がありますので、そちらに記載しましたので、参考にしてください。
4.培養土

培養土は様々な種類があり値段もまちまちです。
私個人的には花と野菜の培養土というネーミングのもので、14リットル198円~398円ぐらいのもので十分だと思っています。
有機100%のものも398円(ホームセンターなら)ぐらいであります。

トマト専用の土なんかもありますが、それぞれも好みに合わせて準備してもらえばよいと思います。

気軽に始めてもらえる程度のものをここでは紹介していますが、もっと本気出したい場合は、店員さんに相談して
納得いくものを購入してください。
5.鉢底ネット

6.鉢底石(排水機能のあるプランターなら不要)

7.ゴム手袋

後から買い足せばいい物

1.支柱

2.支柱留め用のアイテム
麻ひもや園芸用品売り場にある専用のもの。
3.肥料

植えつけてからしばらくは培養土に入っている栄養で大丈夫ですが、大きくなるにつれ、栄養が足りなくなってくるので追肥用に準備しておきます。
初心者向けということで、化成肥料でも良いかもしれませんが、有機肥料にこだわりたい方は有機100%のものもあります。
この他にもこだわりたい方は色々な方法がありますが、まずは初めての野菜作りを成功してもらいたいので今回は紹介しません。
後日、詳しい内容も記事にできればと思っています。
4.虫対策用のアイテム


こちらも、なるべく天然成分で素人でも簡単に使えるものを選んでいます。
虫も病気もある程度両方に効果があるものがあるので、まずはそういうタイプの
薬剤を一つ用意しておくとよいですね。
スプレータイプが一番手軽ですが割高だったりするので自分の好みのタイプを選ぼう。
5.病気用のアイテム
上記と同じですが、野菜によってなりやすい病気が違うので育てるものに合わせて
購入しよう。
6.防虫ネット
ちなみに100円ショップにもありました。
7.園芸はさみ

これらは最初に必ず必要ではないですが、いずれは使うので同時に買い揃えておくと良いです。

あれば便利な物

1.園芸用シート

こちらも100円ショップにもありました。
一般的な物より厚みがないのだと思いますが。(値段相応ということですかね。)

なんなら新聞紙で代用しても。

そして道具を買うときに一緒に購入できるよう、
あらかじめ植える苗を決めておこう。

初心者におすすめの苗

気候の良い春に植えつけれて、普段よく買う野菜がおすすめ。
同時にお好きな薬味なども使いたいときに、使いたいだけ収穫できて
便利!!

5月~植えつけ可能な比較的育てるのが簡単な野菜から挑戦してみよう。

1.夏野菜
●トマト(初心者はミニトマトからがよい)
●ピーマン
●きゅうり(一回で2株以上がよい)
●オクラ
●ナス

2.薬味・ハーブ類
●しそ

●バジル
(種から育てても簡単です。ハーブなので虫がつきにくいと思いきや
そうでもないです。気になるなら違うハーブ類が良いかも。)
●ネギ
(スーパーで買ってきたものの使用した後の根でも)

紹介した野菜はこれからの時期(春~初夏)に適したもので、
初心者向けのものです。

加えて、ちょっと料理中に欲しい薬味も植えたらとっても便利。

わざわざそれだけの為にスーパーに買いに走らなくてもいいし、
使いたい分だけ収穫したら、冷蔵庫に忘れられることもなくて
いいことづくめです。

苗が決まったら下記を参考にして購入しよう。

苗の選び方

どの苗にも共通する良い苗の選び方です。

まず元気の良さそうな立派な苗を選ぼう。
具体的にどういう苗か。

●根がしっかり生えている。(ポットからはみ出すぐらい)

●双葉がある。(一番下の対象に開いている小さな丸い葉っぱ)

●葉と葉がつまっている。

●枯れた葉がない。

●葉の色が濃い

●虫食いや病気などがない。

上で紹介したおすすめの苗に適したプランターの大きさについてです。

プランターの選び方

種類 容量 大きさ 鉢サイズ 一鉢に対しての株数
トマト 15ℓ 直径30㎝×深さ30㎝ 丸くて深型 10号鉢 1株
ピーマン   〃         〃     〃   〃   〃
オクラ   〃         〃     〃   〃   〃
ナス   〃         〃     〃   〃   〃
きゅうり 35ℓ 幅70㎝×奥行き30㎝×深さ30㎝ 横長 2株

 

種類 容量 大きさ 鉢サイズ 一鉢に対しての株数
しそ 15ℓ 直径30㎝×深さ30㎝ 10号鉢 2株
バジル 15ℓ 直径30㎝×深さ31㎝   〃 3株
ネギ 15ℓ~20ℓ 幅65㎝×奥行き20㎝×深さ20㎝ 横長 2球×6列

上の表を参考にプランターを選んでください。

これで初心者の方がプランター菜園を始めるにあたって、
まず初めに準備する物が把握できたのではないでしょうか。

次回は、いよいよ植えつけについて説明していきたいと思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ