お手入れ」カテゴリーアーカイブ

初心者のプランター菜園。天然成分で防虫、殺菌対策&ナチュラル防虫殺菌剤の作り方。

さて、前回まではより手軽に虫や病気対策できるように、市販の物を
ご紹介しました。

今回は、少し時間がある方や、完璧さより自分で育てる
過程をより楽しみたい方におすすめの物や方法を説明していきたいと思います。

簡単な方法から順に

家にあるもので試してみよう!!

牛乳
原液か水で2倍に薄めたものを与える。
アブラムシなどを牛乳の膜につつまれて窒息させる。

<与え方>
ジョウロで丁寧にかけるか、霧吹きで与える。
葉の裏まで念入りに撒布する。

注意点
天気の良い日にあげると効果が高い。
また、しばらくおいたら牛乳が残らないように
水できれいに流しておくのを忘れないようにしましょう。

ジョウロや霧吹きもきれいに洗いましょう。

木酢液(もくさくえき)で手軽に

木酢液とは、木材を焼くときに発生する水蒸気などを液体にしたもので、
天然のものですが、木材のみで抽出したものかどうか、品質に注意した方が
良い場合もあるそうです。
ホームセンターから100円ショップまで取り扱いがあります。
私は、産地直売所で買った手作りっぽいものを使っています。

50~100倍に水で薄めたものを与える。
健康であれば週1~2回ジョウロで水やりの代わりにあげる。

念入りにしたいときは、霧吹きで葉の裏まで撒布する。

防虫効果と殺菌効果がある。

天然素材で防虫殺菌薬を作ろう

それほど分量にこだわらなくても、ニンニクやトウガラシを
焼酎やお酢(米酢でよい)などで漬け込んだものでよい。
原液だと、野菜まで疲れさせるので2~3倍に薄めて使用する。

例1:鷹の爪(とうがらし)一袋+お酢 1瓶

使いかけのお酢の瓶に直接とうがらしを詰め込み、1週間ほど置けば完成です。

例2:焼酎に漬け込んだニンニクやトウガラシを2~3週間漬け込んで、
仕上げに木酢液をたせば万能。

自分で調合してお気に入りの配合を探しても楽しいですね。

コンパニオンプランツを植える

コンパニオンプランツとは、育てる野菜と相性がよく、さらに虫よけになる
ハーブ類や、香りの強い野菜を一緒の鉢に植えて効果を得る方法です。
初心者には、ちょっと大変かもしれませんので簡単に紹介しておきます。

相性のよい組み合わせ
トマト⇔バジル、ネギ、ニラ

きゅうり⇔オレガノ、長ネギ、ニラ

ピーマン⇔ニラ

トマトにバジルは食べるときにも相性のよい組み合わせなので最もおすすめですね。

あとは、プランターでの栽培なので、場所をあまりとらないネギやニラは
取り入れやすいですし便利です。

 

この他にも、色々な方法がありますがあまり紹介しすぎると、迷うばかりなのでこれぐらいに
しておきます。

以上、ナチュラル防虫&殺菌剤についてでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
<スポンサーリンク>



初めてでもできるプランターで野菜作り。害虫と病気の対処。

今日は、必ずぶち当たる壁、害虫と病気についての
対処法です。

害虫対策

基本的には、見つけ次第捕殺します。
毎日注意深く見ていれば防げることもありますが、
防虫ネットを使ったり、薬剤をいて防ぐこともできます。

まずは、どんな虫がつきやすいか見ていきます。

害虫の種類

夜盗虫(ヨトウムシ)
直径2㎝ほどのフンを見つけたらほぼいる。
茶色いイモムシ。
夜になると土から出てくるので、暗くなってから
懐中電灯で照らして探すとよい。

昼間でも土の表面から2~3㎝の浅いところを掘り返せば出てくる。

ウリハムシ
きゅうりやスイカ、カボチャなどの
ウリ科につく。
コガネムシのような茶色っぽい小さな虫

ハダニ
葉の汁を吸って、葉の色を白っぽくしていまう。
水やりの時に、葉の裏まで水をかけてやることで
減らすことができる。

ニジュウヤホシテントウ
テントウムシに似ているが、オレンジっぽい色をしている。

アブラムシ
無数につく。緑色でひげのような白い小さな足が生えている。

カメムシ

コガネムシ

ナメクジ

コナガ
小さめのあおむしのような形

オンシツコナジラミ

葉の裏にびっしりつく。
白くてとても小さく触れると飛ぶ。

水で葉の裏を洗い流す。

ハダニ

以上、主な害虫と、まずする事を挙げておきました。

このように捕殺するか、水で洗い流すだけでは対処できない場合は、
殺虫、殺菌剤を使います。
虫が嫌いな方や、それほどこだわらない方は見つけしだい
最初だけは捕殺して、速攻薬剤を与えましょう。

ここでは、初心者向き用に虫にも病気にもほとんどに
使える総合的な要素のものを紹介します。
また、なるべく人にも優しい成分のものです。

天然由来成分 お得な希釈タイプ

天然由来成分 手軽にスプレータイプ

薬剤によって、用法容量が異なるので製品に書いてある通りにしてください。

効果があまりない場合はこちらも

※薬剤を使用する場合は、人間も吸い込まないように十分注意してください。
また密閉された場所では喚起されている状態でしましょう。
マスク、メガネ、手袋などをしましょう。

また、市販の物ではなくて、すべて天然成分で家庭にあるもので
できる方法をやってみたい場合は次回詳しく説明します。
今回は、ざっくりと文末に紹介しておきます。

病気対策

次に悩むのが病気です。
放っておくと、株が弱ってしまうので早めに対処します。

おもな病気の種類

べと病
梅雨時や湿気の多い場所でなります。
見つけたら、発病した葉を早めにとり除く。

うどんこ病
名の通り、うどん粉のような白いカビが生える。
葉を取り除く

黄色っぽく侵されているのがべと病、モザイク病にのかかっているかもしれません。
わかりにくいですが白っぽいカビのようなところが
うどん粉病です。

斑点細菌病

葉が焼けたように茶色く変色してくる。
早めに殺菌して、太陽の日によく当てると良い。

軟腐病
葉も茎もぶよぶよになり、腐ってくる病気。

以上病気に関しましても、水で洗い流したり、環境を変えても
改善が見られない場合は上記で紹介したような薬剤で対応しましょう。

さて、せっかくなので無農薬で育てたい方は下記の方法を
試してみてください。

●木酢液で消毒する。
(私は日ごろこちらをよく使っています。)
●天然のもので殺虫剤を手作りする。
●家にある食品を利用する。
●殺虫、消毒効果のあるものを一緒に植える。
など色々な方法があります。

もし上手くいかなくても、色々な過程を楽しめる方は
試してみるといいと思います。
詳しくは次回の記事になります。

 

 

にほんブログ村テーマ プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?へ
プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
<スポンサーリンク>



プランター菜園、共通する基本的なお手入れ。

苗を植えてから、野菜たちは大きくなってきたでしょうか?

毎日グングン成長するのに驚きと同時に喜びでいっぱいのことと思います。

植えつけてから2週間ほどたちますが、ずいぶん大きくなったことと思います。
背丈も、葉の数も倍以上になりますよね。
<スポンサーリンク>



さて、これぐらいになってきたら、少し忙しくなりますよ。

基本的なお手入れを覚えれば、繰り返して行くだけなので、
作業の流れをみていきましょう。

その前に、うまく育っていない場合野菜たちの環境を見直してみましょう。

プランター菜園に適した場所と環境

まず重要なことがこの3つです。
日当たり
風通し
水はけ

日当たり

植物だけに日当たりの良い場所に置いてあげます。
とはいえ1日じゅう日が当たる場所を確保するのが難しい場合は
半日以上日が当たる場所を選びます。

できれば、光合成が盛んになる午前中によく日が当たるように
してあげましょう。

風通し

風通しが悪いと根腐れや、病気、虫がつきやすくなるので、
風の通るところを選びます。
風が強すぎると、苗が傷むので注意!!

水はけ

こちらも、根が腐ったりしないように
水やりの量を調節します。

土の渇きが悪そうなら、根が傷つかないように
固くなった土をほぐしましょう。
これを中耕といいます。

方法は、
割りばしなど、細長い棒でさして、ほぐしてあげます。

また、真夏は朝晩と水やりが必要かと思いますが、
それ以外の時期は、うまく調節しましょう。

水やりの基本は、土が乾ききってから、またたっぷり与える!!
この繰り返しです。
常に湿っている状態にならないよう、メリハリをつけてあげましょう。
これは、ほとんどの植物共通なので覚えておくといいです。

さて、いよいよ今回の本題です。

プランター菜園、定期的なお手入れの仕方

追肥

植えつけて2週間ほどしたら、肥料を足します。
肥料によっては1か月ごとのものなどもありますので。
記載してある用法の通りにしていきます。

慣れてきたら、目分量で与えてあげればいいのですが、
最初は、記載どおりの分量をあげてみましょう。

肥料を苗に直接かからないように、少し離れた所の周りにパラパラと
かけます。

このとき、下の土を少し苗に寄せるよるに、与えた肥料と混ぜるように
するとよい。
これを、土寄せという。

これを、だいたい基本的には2週間に一回ぐらいの頻度で繰り返し行います。
(水やりをする分、肥料も流れて薄まっていくので定期的に与えます)

それから一個目の実がなりだした時にも
栄養をたくさん欲しがるので与えます。

与えすぎても成長に悪影響しますので、適量を守りつつ野菜の様子に
合わせて与えましょう。

芽かき

必要のないわき芽と取り去ることで、栄養が株に集中するので野菜が元気になります。

また、日当たりが確保できる、風通しが良くなる、
害虫がつきにくくなるなどのメリットが生まれ、
大事な作業になります。

下図を参考に。

これはピーマンですが、赤く書いた葉っぱがわき芽です。
こんな風に大きい葉と茎の付け根から出てくるので、掻き取ります。

柔らかいので手でも取れますが、キュウリなどトゲが痛い場合はハサミで
切り取っても良いです。

摘心

必要に応じて行います。
枝の先端を摘み採って、あえて枝の成長をとめる作業。

横に成長させることができるため、風で株が倒れたりを防ぐ。
また、人の背丈以上に伸びると収穫しずらい為、
摘心する。

わき芽かきをするときに、弱った葉や虫食い、病気になりかかった葉も
一緒に取り去りましょう。

病気、害虫対策
病気になりかかった葉は切り取り、ひどい場合は薬をほどこします。

害虫は、見つけ次第、直接やっつけるのが一番です。
こちらもひどい場合は薬をまきます。

せっかくの家庭菜園なので、自然に育つようにしたいものです。
日ごろの管理や見回りをしていれば、ある程度予防できるので
がんばりましょう。

苗が丈夫なら少々の病気や、虫食いがあっても育ちますが、
どうしても必要な場合は対処します。

そこで次回は、病気の種類と虫食い、対策について
詳しくみていきたいと思います。

以上が定期的なお手入れの一連の流れです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
ブログランキング・にほんブログ村へ



<スポンサーリンク>