プランター、菜園、野菜作り、お手入れ、基本、定期的」タグアーカイブ

プランター菜園、共通する基本的なお手入れ。

苗を植えてから、野菜たちは大きくなってきたでしょうか?

毎日グングン成長するのに驚きと同時に喜びでいっぱいのことと思います。

植えつけてから2週間ほどたちますが、ずいぶん大きくなったことと思います。
背丈も、葉の数も倍以上になりますよね。
<スポンサーリンク>



さて、これぐらいになってきたら、少し忙しくなりますよ。

基本的なお手入れを覚えれば、繰り返して行くだけなので、
作業の流れをみていきましょう。

その前に、うまく育っていない場合野菜たちの環境を見直してみましょう。

プランター菜園に適した場所と環境

まず重要なことがこの3つです。
日当たり
風通し
水はけ

日当たり

植物だけに日当たりの良い場所に置いてあげます。
とはいえ1日じゅう日が当たる場所を確保するのが難しい場合は
半日以上日が当たる場所を選びます。

できれば、光合成が盛んになる午前中によく日が当たるように
してあげましょう。

風通し

風通しが悪いと根腐れや、病気、虫がつきやすくなるので、
風の通るところを選びます。
風が強すぎると、苗が傷むので注意!!

水はけ

こちらも、根が腐ったりしないように
水やりの量を調節します。

土の渇きが悪そうなら、根が傷つかないように
固くなった土をほぐしましょう。
これを中耕といいます。

方法は、
割りばしなど、細長い棒でさして、ほぐしてあげます。

また、真夏は朝晩と水やりが必要かと思いますが、
それ以外の時期は、うまく調節しましょう。

水やりの基本は、土が乾ききってから、またたっぷり与える!!
この繰り返しです。
常に湿っている状態にならないよう、メリハリをつけてあげましょう。
これは、ほとんどの植物共通なので覚えておくといいです。

さて、いよいよ今回の本題です。

プランター菜園、定期的なお手入れの仕方

追肥

植えつけて2週間ほどしたら、肥料を足します。
肥料によっては1か月ごとのものなどもありますので。
記載してある用法の通りにしていきます。

慣れてきたら、目分量で与えてあげればいいのですが、
最初は、記載どおりの分量をあげてみましょう。

肥料を苗に直接かからないように、少し離れた所の周りにパラパラと
かけます。

このとき、下の土を少し苗に寄せるよるに、与えた肥料と混ぜるように
するとよい。
これを、土寄せという。

これを、だいたい基本的には2週間に一回ぐらいの頻度で繰り返し行います。
(水やりをする分、肥料も流れて薄まっていくので定期的に与えます)

それから一個目の実がなりだした時にも
栄養をたくさん欲しがるので与えます。

与えすぎても成長に悪影響しますので、適量を守りつつ野菜の様子に
合わせて与えましょう。

芽かき

必要のないわき芽と取り去ることで、栄養が株に集中するので野菜が元気になります。

また、日当たりが確保できる、風通しが良くなる、
害虫がつきにくくなるなどのメリットが生まれ、
大事な作業になります。

下図を参考に。

これはピーマンですが、赤く書いた葉っぱがわき芽です。
こんな風に大きい葉と茎の付け根から出てくるので、掻き取ります。

柔らかいので手でも取れますが、キュウリなどトゲが痛い場合はハサミで
切り取っても良いです。

摘心

必要に応じて行います。
枝の先端を摘み採って、あえて枝の成長をとめる作業。

横に成長させることができるため、風で株が倒れたりを防ぐ。
また、人の背丈以上に伸びると収穫しずらい為、
摘心する。

わき芽かきをするときに、弱った葉や虫食い、病気になりかかった葉も
一緒に取り去りましょう。

病気、害虫対策
病気になりかかった葉は切り取り、ひどい場合は薬をほどこします。

害虫は、見つけ次第、直接やっつけるのが一番です。
こちらもひどい場合は薬をまきます。

せっかくの家庭菜園なので、自然に育つようにしたいものです。
日ごろの管理や見回りをしていれば、ある程度予防できるので
がんばりましょう。

苗が丈夫なら少々の病気や、虫食いがあっても育ちますが、
どうしても必要な場合は対処します。

そこで次回は、病気の種類と虫食い、対策について
詳しくみていきたいと思います。

以上が定期的なお手入れの一連の流れです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 季節感のある暮らしへ
ブログランキング・にほんブログ村へ



<スポンサーリンク>