基本、一般、初心者、入門、野菜、プランター」タグアーカイブ

プランター栽培。野菜の基本的な植え方。

さて、プランター菜園の準備はできたでしょうか。
いよいよ苗を植える工程に移りますが、
なるべく午前中に風の強すぎない日に決行しましょう。
ad#kijiue

苗を植える順序

[図1]

上の図1の順でプランターへ入れます。

1.鉢底ネットは、鉢に敷き詰められる大きさで切って敷きます。
 鉢の形にピッタリ丸くカットする必要はありません。
 なるべく鉢の穴をおおう感覚で四角くカットしても大丈夫です。

2.次に鉢底が隠れるぐらいに、均等に鉢底石を入れます。
 これも敷き詰めるようにして隙間がなくなる程度で大丈夫です。

3.プランターのつらから2~3cm下のところまで培養土を入れ、平らに整える。
 (土が淵から流れ出ないように、鉢いっぱいまでは入れない)

苗を植えます。
[図2]

4.図2のように苗より少し大き目の穴をあけます。

5.買ってきた苗のポットの底を下から持ち、そっとひっくり返して
 苗をポリポットから出す。
 (なるべく、形を崩さないようにやさしく扱う)

 どうしても、ポットから取り出せないときは、底に近い部分を
 少し指でもむと出る。

6.苗を置く。
 このとき。プランターに入れた培養土と高さがあうように
 調整する。

 7.支柱があれば立てます。
  支柱の長さ、立て方は次回の記事に書きます。

ジョウロで水をたっぷりとかける。
(シャワー状にして)

培養土全体に水分が行きわたるぐらいにたっぷりと与える。

以降の水やりは下記のことに注意ましょう。

野菜の基本的な水の与え方、タイミング

「土が乾いたらたっぷり水をあげる」
ことに気をつけて水を与えていきましょう。

●まず土が白っぽくなっていないか見ます。
 いまひとつピンとこなければ、直接触って乾いていれば
 与え時です。

●梅雨の季節は、特にトマトは水の与えすぎには注意して、軒下に移動させましょう。
 軒下がなければ、こういったものを活用しましょう。

トマト以外の野菜なら、屋根がなくても比較的大丈夫ですが、
病気になっていないか、弱っていないかよく注意してあげましょう。

とりあえず、ここまですれば第一段階は終了です。

翌日からはちょっとしたことに気をつけながら、野菜の様子をなるべく
毎日観察し、お手入れしてきましょう。

次回は、お手入れや気を付けることについて、説明していきます。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村テーマ プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?へ
プランター菜園で野菜作り?畑で野菜作り?

にほんブログ村テーマ 家庭菜園でおいしく野菜を頂こう!へ
家庭菜園でおいしく野菜を頂こう!

<スポンサーリンク>